フルマラソンに挑戦したい! でも初心者だからできるか不安…そんな方へ!初心者が完走するための10の心構えをご紹介します。私自身、初フルマラソンは4時10分のタイム。現在ではサブ3を達成しています!フルマラソンは、案ずるより産むが易し、走ってみるのが一番。これを読めばあなたもきっと100%完走できる!

フルマラソンに挑戦したい!初心者が完走するための10の心構え

*

ちょっとランニングになれたら「通勤ラン」をしてみよう

      2016/06/11

◆通勤ランをしてみよう!

ある程度走ることに抵抗がなくなったら今度は通勤ランをしてみてはいかがでしょうか。通勤ランをしたら走行距離が稼げるしサボり癖もなくなります。

 

いきなり出社時に通勤ランをしてみるというのは危険が伴うため(そのあと働かなければいけなく、よほどセーブして走らなければいけなかったり、遅刻してしまう可能性もある)帰りに二駅分走ってみるとか、ここまで走ってみると言う目標を立てるのがオススメです。万が一思ったところよりも行けなくてもすぐに電車に乗れると言う体制さえ作っておけば、バテたとしても帰ることができます。

 

さらに会社の人から、

 

「〇〇さん走ってるんだ」

 

と言われない仲良くなったり、

 

「私も走ってるんですけど」

 

なんて事もあるかもしれません。とにかく最初はそこまで気負わず帰る際にちょっと走ってみると言う軽い気持ちでやってみてはどうでしょう。

 

私は最初は5キロくらい走っていたのが7キロになり10キロになり17キロ走るなんていうのもざらになりました。金曜日は30キロ走ったりもしますが、距離に対しての感覚がいい意味で麻痺してきます。さらに荷物を持って走るので手ぶらで走るより負荷がかかり実際走った距離は30キロなのに35キロくらい走った効果が現れると思いました。フルマラソンでもそれが生きて、何も持たずに走るのが楽だなと思えるようになりました。

 

◆通勤ランのメリットとは?

通勤ランのメリットですが、まず挙げられるのが周りの目です。周囲の目があるので今日も走ろうと言う気になれます。サボり癖がある人もそういう状況だと走らなければいけなくなると思えることができるでしょう。

 

次に意外にも「時間の短縮」ができます。これは実際に通勤ランをしなければどれ位時間の短縮になるか分かりませんが、通勤でも電車に乗らない時間は結構あります。例えば会社から駅まで、電車を待ってる間、乗り換えの移動、用も無いのに駅のコンビニでなんかないかぶらつく。そういう時間を取っ払って走ってしまえば、距離にもよりますがあまり帰宅時間が変わらなかったなんてこともあるかもしれません。

 

帰ってから走るというより、圧倒的に時間の短縮になります。

 

◆通勤ランに役立つ便利グッズのご紹介

通勤ランをする際の便利グッズを紹介したいと思います。

 

通勤ラン

 

まずはリュック。これは肩掛けタイプではなく両肩にかけるタイプにしてください。ずっと走っているとバランスが崩れ左右にかかる衝撃に差異が生まれます。怪我にもつながるのでやはり両肩かけがいいでしょう。さらに汚れ物や財布、鍵、携帯など色々分けられるような収納が多いタイプのバックがお勧めです。

 

その他に替えのソックス、シャツ、バンドエイド、汗拭きシートなどを持っていたら急なトラブルでも対処できると思います。

 


 

以上、初心者がフルマラソンを完走するための方法をご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか? やってみたい!と少しでも憧れているなら、マラソンの世界へぜひ足を一歩踏み出してみてください。他では味わえない楽しさと爽快感と達成感を味わえる世界が広がっていますよ!

 - 未分類