フルマラソンに挑戦したい! でも初心者だからできるか不安…そんな方へ!初心者が完走するための10の心構えをご紹介します。私自身、初フルマラソンは4時10分のタイム。現在ではサブ3を達成しています!フルマラソンは、案ずるより産むが易し、走ってみるのが一番。これを読めばあなたもきっと100%完走できる!

フルマラソンに挑戦したい!初心者が完走するための10の心構え

*

フルマラソンでタイムを縮めたい!10分縮める3つの方法。

      2016/06/22

◆フルマラソンと体重の関係

一般的にフルマラソンを走る際、体重が1キロ減ると3分タイムが縮まると言われています。もちろん人によっても違いますし、それが筋肉なのか、脂肪なのかによってもガラッと変わってくるのですが、一般的な目安として捉えてください。

 

レースに出よう!

 

 

初心者ランナーにとって3分と言ったらあまり大したことなく感じるかもしれませんが、3キロ減ったら10分近く縮まります。また、ランナーが体重を減らすということは筋肉をそげ落すというよりは脂肪を減らすという方が圧倒的に多いので、全体の筋肉比率が上がってきます。そのためただ3キロ減らすのではなく3キロ分マラソンに適した体型に近づけるということなので、恐らくもっと効果は出てくるのではないかと思います。

 

◆シューズについて

私は初フルマラソンを経験した時普通のジョギングシューズで走っていました。最初どころか5年くらい普段練習で使っているジョギングシューズを使っていたのですが、もっとタイムを縮めたいと思った時に、

 

「レース用のランニングシューズに変えたら10分は縮まる」

 

と言われました。その時、

 

「靴を変えるだけで10分も変わるわけない」

 

と思っていたのですが、いざレース用のシューズをはいて走ってみるとその軽さと反発性に驚きました。軽いから足が疲れない上にソールが固めなので一歩が遠くまで踏み出すことができます。

 

ただ一つ注意をして欲しいのが、レース用のシューズはレベルによって異なってきます。サブ3(その時間を切ることをサブというのでサブ3と言ったら3時間以内、サブ4と言ったら4時間以内ということです)用のシューズとサブ5用のシューズは全然違います。初心者がいずれ速いランナーになるからと言って安易にサブ3用のシューズを買わないようにしてください。軽くて反発性が強い反面怪我しやすいので。一気にタイムを縮めようとしたら怪我をする確率は増えます。

 

 

◆レース当日の走り方

初心者が一番やってしまいがちな走り方が、

 

「蛇行してしまうこと」

 

です。

 

蛇行

 

特にスタート時の混雑を避けようとくねくね走ってしまいがちになります。そうすると43キロ以上走ってしまうなんていう人も多いのです。その走り方をすると前半はいいのですが後半絶対後悔することになります。くねくね曲がることで足への負担も増やしてしまうのでよほどのことがない限りまっすぐ走るということを意識してください。私は最初のフルマラソンで、

 

「前のランナー邪魔だな」

 

と思いなんども蛇行して走っていました。

 

前のランナーを追い越す

 

それが仇となって最後の方には70代くらいのおばあちゃんにすら抜かれてしまいました。その情けない経験があるから今まで走り続けていると言ったらそれまでかもしれませんが、蛇行はしない方が絶対いいです。

 

 - 未分類